気の向くまま書かれた独り言 ツイッタはじめました@ahozuramaro
http://ahozuramaro.blog88.fc2.com/
admin
 

中身はこんな人

ましゅろん/まろ

Author:ましゅろん/まろ
現在、艦コレやってます
パンヤ、戦国イクサ、RO
PSU、PSO2、MH3、夢世界
モンスト FF14
なんかもやっておりましたっ!

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別なヒトリゴト

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2015.08.17/ 21:51(Mon)
ほらー


ストーリー終わったどぉー!!!

というわけで、ホント怒涛の勢いでイシュガルドのストーリー終わりました

FFシリーズはいつからか・・・8くらいかなぁ?
ムービーゲーなんて言われてますけど、ワタシは好きですよ!ムービーゲー!!
操作性についてもあんまり難しい操作のあるモノだとついてけないし、
ダークソウルとかとか・・・とか・・・(・´з`・)
FFくらいがワタシには丁度よいのです

さて、FF本編ですが前回も書いたように「竜詩」の背景までは非常に楽しかったです
ですが全編に渡って思ったことは

ストーリー広げるだけ広げて回収が下手すぎる・・・・・

MMOだし、お話を続けないといけないのはわかるけど
もちろん、お話を結ぶというのは難しいことはわかるよ・・・わかるけど・・・・・

起承転結でいう転の部分が大きすぎ結の部分がしょぼすぎる・・・・・
とても残念なことに・・・;
んで、これだけお話広げといてニーズヘッグがNewニーズヘッグに変わっただけっていう
うん・・・この辺からネタバレになりそうだから一応たたんでおこう・・・うん 
いやまぁ、Newニーズヘッグって言ってもINエステニャンだし
教皇庁が崩れたので多少はスタート地点が変わってはいるんだけどもね
竜詩はこの辺で切り上げていてもヨカッタんじゃないだろうか・・・・・

さて、そこから前回の続きにさかのぼり魔大陸突入です
前回、エステニャン死にそうとか言ってたけど
あぁ。。。死ぬのはこちらでしたか・・・ハイ・・・・

siva.png

ラーヴァナさんの時も思ったけど
シヴァの戦闘シーンは力入れてる・・・よね?
いやとてもキレイだったけどね

まぁ・・・・この結果は仕方ないよなぁ
異端者のリーダーだし、神降ろししてるしね・・・・
この人は物語的にはケジメつけさせなきゃいけない存在だけども
死ぬ以外にないんですかね?

いつの間にかフェーズヴェルクさんと和解してるしね
いや。。。そこ語ってくれませんかね?割と登場するのに重要なとこだとおもうんですけど?
な・・・・なんだかなぁ・・・・

そして魔大陸突入後、ティアマットさんとの対話で
第7霊災の正体がわかるとこまではヨカッタ・・・・だが・・・・

みどがる

ぇー・・・・突然すぎやしないかね・・・・?

いやだからね?その誓った盟約とやらを語れよ・・・・
こっちからするとワケがわからないよ。あれ?ワタシの記憶が飛んでるだけ?
ミドガルさんとハイデリンの盟約の話あった???
黙約の塔で盟約があるみたいなこと言ってた記憶はあるけど内容まで言ってないよね?
ものすごく??????って感じだったし

みどがる2

またもや・・・・突然出てきて・・・・

お前が仕切るのかよ!!!!!!

って感じですし・・・・・
だいたいですね、ミドガルさんが光の加護を封印してなきゃ
アシエンに石の家 襲撃されるされることもなくですね
ムーンブリダさん死なずにすんだんですけどね?何勝手に仲間になって仕切っちゃってんの?
って思った次第なのですよ

まぁ。そんなわけでサックリ研究所でアシエン倒してラスボスですよ!ラスボス

とーるだん

わぁ・・・でかい!

(感想終わり)

いや、まぁ予習の段階でめんどくさそうだなぁと思ってたけども
案外さくっとゆけました よかったよかった

結局、ストーリーで行くコンテンツだとラーヴァナが一番 難しかったかなぁ
後から攻略見るに白でゆけば楽だったようですが・・・・
しかし、それするにはかなり練習っていうか沸き場所と沸くタイミングを正確に覚えておかないといけないね

んでエンディング・・・・
今回かなりの場面でキーになった「竜の血の因子」
最初のダンジョンの共食いで部下がゾンビになったのも竜の血の因子のせいだろうし
エステニャンが取り込まれたのもそうだろうけど・・・・

オルシュファンも竜の血の因子のせいで復活したりしないかなぁって思ってたけど
お墓あったし・・・無理かなぁ
しかし、ほんと最後までオルシュファンが何で死ぬ必要あったかわからなかったな

そして、凱旋したときのアイメリク様がエステニャンの変身聞いて
あんまり落胆してなさそうなのが微妙だった・・・・

なんか公式でエステニャンとアイメリク様の出会い編みたいのやってるのにね?
やっぱりなんていうか物語を結ぶ部分というのか・・・あいまいだし
スポンサーサイト
Category: FF14
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 徒然なるままに, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。